クランベリー

■真っ赤な果実
クランベリーは「ブルーベリー」や「ビルベリー」などのベリー類で主に北アメリカに自生しているサクランボ程の大きさをした真っ赤な果実です。古くからアメリカの先住民の間で薬として使用されていました。
現在でも七面鳥の料理などにクランベリーを使用したりと、アメリカの人々にとって馴染み深い果実として愛用されています。
ですが、酸味が強く生食には向いていないので一般的にはお菓子やジュースなどに活用されることが多いです。
クランベリーには「キナ酸」「アントシアニン」「アルブチン」などのさまざまな成分を含んでおります。

・キナ酸
キナ酸は尿のpHバランスを保ち菌の増殖を抑えてくれたり老廃物の排出をサポートする働きがあり、尿道炎や膀胱炎などの症状に効果抜群です。

・アントシアニン
アントニアシンは紫外線からの活性酸素の発生を抑制する働きがあります。老化防止にも役立つアンチエイジング効果が期待できます。

・アルブチン
アルブチンは美容成分とも言われておりメラニン色素の生成を抑制することでシミやそばかすを防ぐことができます。

他にも歯周病予防に効果のあるブドウ種子ポリフェノールやガン転移を減少させる効果のあるケセルチンなどの成分なども含まれており、
美容効果や健康維持にクランベリーが役立つことから健康食品もたくさん出てくるようになりました。クランベリーの健康食品にはサプリメントやジュースなどがあり、気軽に手に入れることが可能です。
他の健康食品と併用して摂取することにより、更に効果を期待することができます。美容や健康が気になる方はクランベリーの健康食品を試してみるのもいいのかもしれません。

イチ押しリンク

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし